春馬・野口法律事務所

顧問契約について

早期かつ迅速な対応

顧問契約を締結すると、法律問題に発展するかどうか判断がつかないような問題でも、電話・メール・ファックスで気軽に相談ができます。また、顧問契約を締結しているお客様に対しては弁護士が優先的に対応するため、順番待ちをすることなく相談ができます。このような早期かつ迅速な対応により、紛争の予防及び早期解決を図ることができます。

法務コストの削減

顧問契約を締結すると、弁護士から日常的な業務について定期的に法的アドバイスを提供することが可能となり、自前の法務部を組織することなく、より低いコストで法務部と同様の機能を自社に持つことができます。さらに、顧問料は全額経費として税務処理できるため節税にもなります。

会社・業界の内情を理解した対応

顧問契約を締結すると、弁護士が、顧問先の経営状況、会社の方針、取引先との関係、社員の人格等を熟知することができ、いざというとき、採るべき法的手段を的確にアドバイスできます。また、何か相談事が生じたときに、業種、業界の内情について 最初から説明する必要がない分、迅速に対応することが可能になります。

弁護士との信頼関係の構築

顧問契約を締結すると、継続して相談する中で弁護士の考え方・個性も理解できるようになります。双方の理解がすすみ、信頼関係が構築されてきますと、日常的な相談もしやすくなってきます。そうなると依頼者・弁護士双方が協力し合い、より質の高い仕事ができるようになります。

社会的信用の向上

近年、とくにコンプライアンス経営、つまり企業が法令を遵守することが求められています。法律違反により企業の存続そのものが危機に陥ってしまうこともあります。そこで、日常的に弁護士に相談をした上で経営を行うことによって、適正な経営を保つことができます。また、顧問弁護士の存在を取引先、従業員に明示することは、経営者が法令遵守の意識を持っていると内外に示すことになり、企業の信用力向上・ブランド力強化にもつながります。

顧問料

顧問料は月額50,000円(消費税別)を基本としています。

ただし、企業の規模、月々の相談等の頻度などにより、ご相談に応じておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

PAGE TOP

メールでのお問い合わせ

TEL 052-951-8266
平日10:00〜17:00